電子タバコとは?そのメリットやデメリットは?

そもそも電子タバコとは?加熱式タバコと違うの?

電子タバコは、タバコの葉ではなくフレーバー(香り)のついたリキッド(液体)を加熱して吸うものです。これに対し、加熱式タバコというのは、タバコの葉を電気で加熱して吸うものを指します。加熱式タバコはタバコの葉を使うのでニコチンが含まれていますが、電子タバコのリキッドはニコチン入りのものの販売は日本国内では禁止されています。

電子タバコの特徴やメリットは?

電子タバコは通常はニコチンやタールが含まれていないため、健康への影響が少ないとされています。他の人への受動喫煙の影響も、ほとんどないです。灰皿も不要で、部屋をヤニで汚したりタバコ臭をつけたりすることもありません。また、リキッドには非常に多くの種類があって好みのものを選べることや、長期的に見れば紙巻きタバコより経済的なことも、電子タバコのメリットと言えます。そして、これまで紙巻きタバコを吸っていた人が電子タバコを代替とすることで、禁煙や減煙を目指す手助けになることも期待できます。

電子タバコの注意点やデメリットは?

電子タバコの注意点として、国内ではニコチン入りのリキッドの販売は禁止されていますが、個人で海外から輸入することは禁止されていません。ですから、他の人が電子タバコを吸っていた場合、それがニコチン入りである可能性もあります。また、10代の若者の間に電子タバコが広まっており、喫煙の習慣をつけてしまうのではないかということも懸念されています。なお、電子タバコの一般的なデメリットとしては、初期費用が高いことや、メンテナンスや充電に手間がかかることが挙げられます。

vapeのタバコフレーバーは普段体験できない香りを味わうことができます。珍しい果実やドリンクの風味などがあります。また、種類が多いことも特徴です。