手軽に楽しめる?電子タバコってどんなもの?


電子タバコと通常のタバコの違いとは?

電子タバコの大きな特徴のひとつは、使用する時に発生する煙が水蒸気ということです。その中でもvapeと呼ばれる電子タバコは通常の紙巻きタバコの煙に含まれるニコチンやタールが入っていないため、通常のタバコを吸う際に気になる副流煙による受動喫煙の心配が少ない点もポイントです。また、通常の紙巻きタバコの場合は火を使ってタバコの葉を燃やしますが、電子タバコの加熱は電力で行われるため、火事などの危険性が少ないことも特徴のひとつです。

紙巻きタバコを吸う際に発生するタールは、肺ガンや喘息など健康に影響する要因と言われています。また、タバコの葉を加熱してニコチンが含まれる蒸気を吸い込む電子タバコのことは加熱式タバコと呼ばれていますが、ニコチンやタールが入っていないvapeとは違うアイテムといえるでしょう。vapeは健康の為に禁煙をしたい場合や、香りを付けた水蒸気を楽しむことが出来るアイテムです。

vapeに使用されるリキッドとは?

vapeはリキッドという香りの付いた液体を加熱することで、水蒸気とさまざまな香りを楽しむことが出来ます。香りの種類が多いのも特徴で、組み合わせによっては自分だけのリキッドが作成可能です。禁煙が目的でvapeを使用するのであれば通常のタバコに近いメンソール系の香りを、甘い香りが好きな場合はチョコレートやバニラなど、お気に入りの香りを見つけることが出来たら楽しいですよね。

また、リキッドは化粧品や商品添加物などに使用されているプロピレングリコールや植物性グリセリン、飲料や食品にも使用されている香料と安全性が高いと言われている成分から作られている点も特徴のひとつです。

vapeのおすすめできる点として第一にニコチンやタールといった有害な成分が含まれていない事が挙げられます。他にも、そのスタイリッシュさや飽きのこない多種多様なフレーバーも大きな魅力です。