喫煙方法を電子タバコに切り替えるメリット


タールによるヤニ汚れの心配がない

喫煙時にどうしても気を使わざるを得ない問題としてヤニ汚れがありました。タバコの煙に含まれるタールが部屋や服にこびり付いて煙草臭くなってしまったり、黄ばんでしまい目に見える汚れとなってしまうのです。電子タバコでは葉の燃焼ではなく液体の蒸発によって煙を作っているのでタールが発生しません。そのため部屋を汚す心配もありませんし、タバコの吸い過ぎで懸念されていた肺がんリスクの上昇も、電子タバコでは起こりません。

喫煙時にゴミが出ない

電子タバコは、本体のボトル部分に液体を充填し、それを蒸発させる方法で喫煙します。この喫煙の過程で出るゴミというと、電子タバコの使用を続ける上で出るゴミといえば喫煙用のリキッドと呼ばれる液体を保存していた瓶くらいです。そのため電子タバコでは携帯灰皿などの携帯が必要なく、ゴミの後処理を考える煩わしさがありません。

味の種類が非常に豊富

電子タバコはリキッドと呼ばれる香りのする液体を煙に変えて喫煙します。液体なので配合の自由度が高く、販売されているフレーバーも非常に多種多様なものが存在します。チョコやバニラといったお菓子のような甘い香りの他、定番のミントなどハーブの香り、またストロベリーやアップルといった果実のフレーバーなどもあります。紙巻たばこでは実現が難しかったフレーバーも多いので、新しい喫煙体験をすることができるでしょう。また自分の好きなリキッドを混ぜ合わせるなどで、個人で好きなフレーバーを作ることも可能になったのは電子タバコの大きなメリットと言えます。

電子たばこに使用するニコチンリキッドはたばこ葉から抽出したニコチンが含まれています。紙巻きたばことほぼ同じ風味が堪能できるものの、日本では法律によってひと月に120mlまでしか輸入できません。