どこが違うの?電子タバコと煙草の違い3選

根本的に吸い方が異なる

電子タバコと煙草は、根本的な吸い方が異なります。電子タバコはリキッドを電気で加熱し、発生した煙を吸うという喫煙法です。一方、煙草は紙に巻かれた煙草の葉に直接火をつけて吸うという喫煙法となります。そのため、煙草は葉っぱが燃焼した煙が出るのに対し、電子タバコの煙はリキッドを加熱した水蒸気です。煙草は副流煙などで周囲の人に煙たがられる傾向がありますが、電子タバコは副流煙の心配もなく、肩身の狭い思いをせずに吸うことができます。

含まれる有害物質の量

煙草には、ニコチンやタールなどが含まれるため、健康被害が心配されています。一方、日本ではニコチンの含まれた電子タバコの販売は禁止されているため、電子タバコはニコチンフリーです。また、タールが含まれていないものも多く、煙草よりも有害物質が含まれる量が少なくなります。ただし、様々な物質を混ぜて作られているため、まったく有害物質が含まれていないというわけではありません。

選べるフレーバーの種類

煙草と電子タバコでは、選べるフレーバーの種類が大幅に異なります。煙草のフレーバーといえば、一般的な煙草フレーバーの他にメンソールぐらいしか思いつきませんが、電子タバコには百種類以上のフレーバーがあります。煙草フレーバーやメンソールフレーバーなどの基本的なもののほかに、フルーツやスイーツ、ドリンク系など、様々なものが用意されています。そのため、爽快感を感じたい、甘いフレーバーで気持ちを癒したいなど、気分に合わせて選ぶことができます。

日本国内でのニコチンリキッドの使用は禁止されていませんが、販売などは法律で禁止されているので注意が必要です。買う場合は、海外から個人で買います。